修理の際にはデータが初期化される

スマホを修理する際に注意しておきたいポイントが、修理に出すとデータが消えてしまうことです。大手キャリアの公式修理は交換修理であり、スマホのデータはすべて初期化された状態で返ってきます。画面割れなどのまだ操作が可能な状態であれば、バックアップを取るようにしましょう。画像や動画はSDカードにデータを保存し、SNSのアカウントはIDとパスワードを控えておくようにします。スマホの操作が不可能な状態であれば、データを取り出すのは個人では難しいです。大事なデータを守りたいのなら、万が一の事態に備えて定期的にバックアップを行うのが良いでしょう。もし、データを取り出したいのならデータ復旧サービスに依頼することで取り戻せる可能性があります。

スマホ修理にかかる期間とは

スマホは生活に欠かせないものなので修理期間は短い方が良いですよね。キャリアの公式修理を利用する場合、故障の内容や機種にもよりますが、スマホ修理には1週間から2週間程度の時間がかかる可能性があります。修理期間が長引く場合では代替機を借りることができます。大手キャリアでは基本的に代替機を借りることが可能ですが、格安スマホでは修理を受け付けていても代替機の貸し出しを行っていないケースもあるので注意しましょう。修理期間を短くしたいのなら、街中にあるスマホ修理業者を利用する方法もあります。修理内容によっては即日対応可能なケースもあります。スマホのデータを保ったまま修理できる可能性があるのも、修理業者の特徴です。しかし、スマホ修理業者を利用するとキャリア公式のサポートが受けられなくなるデメリットがあるので気をつけてください。

スマホ修理の京橋周辺の店舗に相談すると、すぐに対応可能な修理を実現してくれます。データの復旧など高度なテクニックも持っています。