シンプルなデザインの方が読みやすい

閲覧者がホームページを見て最初に抱く印象は重要です。その時点で見にくいと判断されると、それ以上は読んでもらえません。特に、文字が多くてごちゃごちゃしているとか、背景と文字の色が一緒で読みにくいなどは読まれなくなる要因です。シンプルなデザインにすればそのようなことが起きにくいです。文字が多いというのであれば、文字を減らしてイラストを増やしましょう。背景が見にくいのであれば変えれば良いです。こだわったデザインにしても読む人がいなければ意味がありません。その点を理解して、デザインをすることが大事です。ホームページのデザインは読まれなければ意味がないと覚えておくことが大事です。そこを基準にすると、読まれることを考えてデザインをすることができます。

情報を探すのには適している

シンプルなデザインにするもう一つの利点は情報を探しやすくなることです。ホームページを探している人は何かしらの情報を得るためにホームページを見ています。そのため、情報を見つけにくいホームページでは探すことを諦めてしまう可能性があります。最後まで読んで情報を見つけようと考える人は少なく、目次だけを見て判断する人も多いです。シンプルなデザインにして情報が分かりやすくなっていないと、情報を探すのに苦労します。そんなに苦労するなら他のページで探すということになりかねません。情報を見つけやすくしておくこともホームページでは重要なポイントなのです。デザインで見やすさを確保しておくと、閲覧者は役に立つホームページだと考えて、再訪する可能性は高いです。

Webサイトの利用者が閲覧するスマホやPC、タブレット等の画面サイズに応じて、レイアウトやデザインも調整する必要があります。この調整をレスポンシブwebデザインと言います