リストに取りこぼしがないというメリット

マーケティングオートメーションを利用することで、様々なメリットを味わうことができますが、そのうちの一つは取得したリストに取りこぼしがなくなることです。インターネットでビジネスをする場合には、顧客の個人情報をいかに多く集めるかは大事になります。

そのために、メールアドレスを取得しその人たちにメルマガなど送ることがあるでしょう。メルマガを送る目的は、潜在顧客の意識を引きつけて商品やサービスを利用してもらうことです。ただ、マーケティングオートメーションを使わないと多くの顧客をとりこぼすことになりかねません。そこで積極的にマーケティングオートメーションを利用し、今まで取得したリストに対してメルマガなどで適切なアプローチをすることで、売り上げを伸ばすことが可能になります。

すべて自動化できるわけではないこと

マーケティングオートメーションにデメリットがあるとすれば、すべて自動化できるわけではないことです。自動化できる部分は、メール配信やリード管理などが中心になりますが、コンテンツの作成をはじめとする「人の手が加わることで初めて成立するもの」はいくらお金をかけても手に入れることはできません。そのため、契約する前の段階ですべてオートマチックに行ってくれるものだと勘違いしてしまうと、後になってイメージと違うことに気が付き落ち込むことになりかねません。
もちろん、面倒な作業のほとんどの部分はマーケティングオートメーションの方で行ってくれますので、少しでも手間を簡略化したい人にとっては導入するメリットは十分にあるといえるでしょう。

マーケティングオートメーションは、企業がマーケティング活動をするときに、パソコンなどを利用して自動化することです。