LED照明の寿命はどれくらい?

LED照明のメリットは寿命が長いことです。LEDは約4万時間の寿命があり、1日10時間ほど使用したとする場合、10年ほど長持ちするとされています。白熱電球の寿命は千~2千時間程度、蛍光灯の寿命は1.3万時間です。LEDは蛍光灯の3倍以上の寿命があり、非常に長持ちすることが分かるでしょう。寿命が長いことにより、買い替えや交換の手間がなくなるのもメリットです。特に照明が高い天井にある場合では、交換の頻度が少なくなるのは嬉しいですよね。

LED照明は虫が寄ってきにくい

蛍光灯に虫が集まって困ってしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。LED照明は虫が集まりにくいという特徴もあります。LEDは蛍光灯と異なり、光に紫外線が含まれていません。虫は光に集まるという印象がありますが、実際には紫外線に反応して集まってきます。そのため、LEDには虫が寄ってこないのです。虫が苦手という方には、LED照明は向いていますね。

消費電力が少なく電気代を節約できる

電気代の安さもLED照明の大きなメリットです。LED照明の消費電力は白熱電球の6分の1、蛍光灯の2分の1です。LED照明を導入するだけで節電になり、電気代を抑えることにつながります。また、蛍光灯は点灯する際に電力を多く消費するために、頻繁につけたり消したりする場所には向いていません。LEDはオンオフを繰り返しても大丈夫なので、蛍光灯に向いていない場面でも活用できます。LEDには価格が高めというデメリットがあります。しかし、初期費用はかかってしまうものの、電気代の安さや買い替えが減ることを考慮すると従来の照明よりもコストが安くなる可能性もあるので、長い目で考えると良いでしょう。

ledパネルは、駅・街頭・店舗といった目立つ場所に設置されている事が多く、広告媒体として見る機会が増えてきています。