ユーザーを第一に考えたサイトにしよう

おしゃれなホームページはそれだけで多くの方を惹きつけます。使いにくいサイトになってしまうと逆効果なのでこだわりすぎるとユーザーが近寄ってこないでしょう。
基本的にウェブ制作をするときは使うユーザーを考えた作りにするのが理想的です。また実施にホームページを運営し使いにくいという意見があれば改善していきます。こうすることでユーザー寄りのサービスを作ることができるため顧客獲得にもつなげる事が可能です。
サイト内にあるコンテンツはメニュー分けしておくと利用しやすいといえます。大まかにメニューを用意してクリックすると各ページにアクセスする階層構造を使うことで利用側もわかりやすいです。
洋服ショップであればアウターをクリックするとプルダウンメニューからブルゾンやレザージャケットとメニューを表示すれば商品を探しやすいといえます。

ポートフォリオサイトはレイアウトを意識する

クリエイターが自分の作品を紹介するポートフォリオサイトを作るときはレイアウトが大事となっています。グリッド式のレイアウトはたくさんの画像を一気に表示する事ができる構成です。
1画面で複数の作品を見せたいときに活躍するレイアウトなので見る側も作品を確認しやすいといえます。スクロール方向も縦と横方向自由に行う事ができるのですが、スマートフォンを意識した構成にするなら縦方向が見やすいでしょう。
スライダー式はカタログのように小さい画像が下部分に表示されます。クリックすると上部に大きな画像が表示されるので1枚の作品を大きく見せたい時に使うといいでしょう。

コーディングとは、プログラム言語を用いてソースコードを書くことです。設計からデバッグまで広い範囲で携わるプログラミングに対し、これはコード記述の作業のみを指すものです。