スマホが水没したときにやってはいけないこと

スマホが水没してしまったら、多くの人が焦ってスマホの状態をさらに悪化させる行動をとってしまいます。まず、スマホが水没してしまうと、故障しているかどうか確かめようと電源を入れる人がいます。確かに気持ちはわかりますが、スマホの電源を入れることで通電し、水につかっていなかった部分まで濡れてしまう可能性があります。同様に、水没したスマホから水気を抜こうと、スマホ本体を振る行為もいけません。スマホの本体を振る行為も水分をスマホ内で拡散させる結果になってしまい、正常だった部分まで水にやられてしまう可能性があります。また、水没したスマホを乾燥させるため、ドライヤーなどで風を当てるのもいけません。ドライヤーの温風によって水とスマホの金属部分が化学反応を起こしてしまい、状態を悪化させることになります。

ちょっとした液晶画面のヒビも放置は危険

スマホを持っている人の中に、スマホの液晶画面にヒビが入っている人がいます。液晶画面が見れないほどに割れてしまっている場合は諦めてスマホを買い替えるか修理する人も、ちょっとしたヒビ程度なら大丈夫と放置している場合があります。確かにスマホの液晶画面に少しヒビが入っている程度なら、操作自体にあまり影響はありません。しかし液晶画面のヒビを長く放置しすぎると、ヒビからスマホ内部に湿気が侵入する恐れがあります。この湿気の侵入こそが、スマホの故障の原因になります。ちょっとしたヒビだからと放置せずに、完全に故障してしまう前に専門店で修理してもらうべきです。

スマホの画面が割れないように保護フィルムを貼ったり、本体の衝撃を吸収するカバーを装着して対策する人は多いですが、液晶画面が割れたときにはスマホ修理に出すようにします。