iPhoneで故障しやすい箇所

ついうっかり落としてしまったり水に落としてしまったり…iPhoneを使っていて壊してしまった経験のある方は少なくないはずです。そんなiPhoneですが、特に壊してしまいやすいのが液晶パネル、スピーカー、そして水没による故障です。これらの故障とその修理方法、かかる料金についてご紹介していきます。

液晶パネルのガラスが壊れたら

iPhoneの液晶パネルが割れてしまった場合、そのまま使用していると指を傷つけてしまったり誤動作してしまう原因となりますので交換しましょう。自分で部品を調達して購入する方法もありますが、簡単ではないため自信のない方は修理業者に依頼するのが無難です。機種により細かく金額は設定されているようですが、概ね1万円前後で修理できるようです。

スピーカーが壊れたら

iPhoneのスピーカーが故障してしまう原因はいくつかありますが、原因により対処が異なります。ソフトウェアの不具合によるものであれば、iPhoneの再起動や原因となるアプリの削除などにより対処できる可能性があります。ハードウェアの故障の場合、やはり修理業者に依頼するのがベストです。スピーカーの修理には、5000円~1万円前後かかるでしょう。

iPhoneを水没させてしまったら

最近のiPhoneは防水仕様なので故障しにくくなっていますが、それでも水没による故障の可能性はゼロではありません。水没させてしまった場合、あせって電源はつけずにそのまま水気をふきとり、修理業者に見てもらってください。基盤の水気を細かくふき取り起動を試みてくれます。万が一起動しなくとも、データ復旧の相談に乗ってくれるはずです。料金は1万円弱かかるでしょう。

如何でしたでしょうか。万が一に備えて覚えておいてくださいね。

iPhone修理とは割れてしまった画面や中身の機械など修理できる部位は修理して再度使えるようにすることです。